こんな発達さんと出会いたい

私が現在やれていることは、店舗をもったことだけです。

カシキヤ姫の動く店

札幌市西区琴似にあります。

基本的にはボードゲームで遊べるお店なんですが、展開したい業務があるのです。

コロナですんなり営業できないこと前提ですが・・・

お店にネイルプリンターがあるのですが

できればネイリストさんがいたほうがよいです。

もし、発達障害ですがネイルの知識があるような方いませんかね?

開店資金がないんだよなぁ。なんて方。

3Dプリンタもあるのですが

私はこのようなものにも興味があります。

一応、3DCADを入れたパソコンも置いてあります。

Raspberry-Piなんかも好きでして、

色々試してみたりしています。

これらのものは、自閉症者に向いているのではないかと考えていて、児童のプログラミング学習で販路があるのではないかなぁ。と考えています。

私は素人知識でやっているので、C言語やpythonに強い自閉症者の方いませんかね?

営業的部分や会話は私がフォーローできます。

無口OKです。

一応ネットショップ作ってあります

デザインとかやりたい発達さんいませんかね

これは、デザインを預けておいて、注文がきた分だけ製造してくれるシステムです。

在庫のリスクが全くありません。

無地のベース素材の価格に、自分で好きな分だけ上乗せしていいのです。

こちらに関しては、従業員でとはいきませんが、店の儲けはいりませんので、試したい発達さんがいらっしゃれば、ぜひ。

まだ私には大したことはできませんが

発達障害者の経済的自立などとぶち上げていますが、現実的にはまだ大したことはできません。

定款とか会員とか記載していますが、それほどこだわってもいません。

起業への交渉とか求職誌とかは、法人じゃないと無理でしょう。

賛同者の人数が必要ですね。

今は個人事業でやっているお店で、数人にかかわるくらいしかできませんが、ご興味があればぜひ。

コロナから解放されたら、何にも言わないでお店に偵察に来てください。

雰囲気とか相性とかありますからね。

不安定になっていませんか?

私はとても不安です

まずは、自分が・・・

発達をもつ大人の会など立ち上げてみたものの、実情は全く機能していません。

当初、自分の「できる」をアピールして経済的自立を目指す仲間は、もっと簡単に見つかると思っていました。

ところが、支援者側からのお声掛けはあるものの、仲間は見つかりません。

やはり自分が行動して証明しなければ誰も共感はしないのだと、お店を始めたのですが・・・

コロナウイルスとタイミングがドンピシャ

本当に完全にリンクしてしまいました。悪いほうに。

私としては、なんとしても成功させるつもりで必死で取り組んだのですが、ウイルスばかりはどうにもなりません。

頑張れば頑張るほど空回りします。

当然お金の心配もありますから、言葉もきつくなります。

SNSで自己嫌悪

不安から、世の中に対しても批判的になったり、他者の投稿を読むとつらくなったりします。

言葉もきつくなり、後で自分の書き込みに自己嫌悪したりします。

少し言い過ぎではなかったか?虚勢をはりすぎているのではないか?

そもそも普段から皆様の税金で医療や交通費など助けてもらっているのに、偉そうではないか?

そんな気持ちになり、ますます落ち込みます。

人それぞれ事情は違えど、発達障害の方はこのような気持ちになることもあると思います。

脳の発達のバランスの悪さ

やはり脳のバランスが悪いことは偶発的な出来事に弱かったりもします。

また逆に、脳がアンバランスゆえに、危機的状況で健常の方より集中力を発揮することもあるでしょう。

しかし、日常的ルーチンが保たれない環境ではストレスを抱えることのほうが多いと思います。

私もここ一月ほど深く眠れていませんし、睡眠自体すごく少ないです。

生活のリズムも崩れていたのですが、心配が多く夢中ですので、自分がつかれていることに気が付きませんでした。

普段受けている支援も受けられなくなったのでは?

おそらく、せっかく少しづつ社会性などを身に着けつつある状態だった方もいるでしょう。

支援をうけられないことでリズムが狂い、また悪い習慣に逆戻りなんてこともあるかもしれません。

また同じような悩みをもつ仲間や、お気に入りの支援員さんとの会話がなくなり、精神的な支えを失っているかもしれません。

今のところメンタルクリニックの治療には問題はないかと思いますが、この先何が起こるかわかりませんよね。

何か工夫ができるとよいのですが。

ウイルスが去ったあと

おそらく一般の方の状況も悪くなるでしょうから、私たちを助けてくださる余裕はなくなるかもしれません。

また一からやり直しかもしれません。

でも、不安はみな一緒です。状況はみな一緒に悪いです。

力をあわせるみたいなことは、発達障害者は苦手かもしれません。

不安だと思います。でも、私も不安ですし、みな不安だと思います。

どうでしょう?言葉に気を付けて、互いに足を引っ張りあわないくらいならできるでしょうか?

何か道はあるでしょうし、探したいですよね。

まずは感染しないように行動し、考えましょう。

でも白旗を上げるのも方法

考えることもできなくなり、鬱状態になったなら、一度降参するのもよいと思います。

あきらめてはいけないと、思いつめると症状が悪化するかもしれません。

すべて放棄して療養することも恥ずかしくはないと思います。

最後に

なぐりがきですいません。

なんだかわからないかもしれません。

少なくとも、私はパニックで不安です。

ですので、そういった方がいてもご自分だけではないので、私のみっともない姿をご覧になり笑っていただければと思います。

私の脳が片寄っているために、発言等いつも周囲にはご迷惑をお掛けしております。

今少し冷静なので、まとめてお詫びいたします。

皆様ぜひぜひ健康だけは失わないようにと願っています。

2/25(火)発達障害当事者会のお知らせ

今回はボードゲーム大会です。

 来る2020年2月25日(火)発達をもつ大人の会の

第3回目当事者会Vinci村を開催いたします。

この会は発達障害者の経済的自立を目指す活動をしています。

1. 当事者会Vinch村

2. 就労応援誌の発行

3. 拠点となる店舗運営

      を目標としております。

しかしながら、堅い話ばかりでは憂鬱になりますので、

今回は僭越ながらボードゲーム大会を開催いたします。

ゲームはこちらでご用意いたしました。

もちろん個別に、まじめな話もできますよ。

参加費は、皆さんの負担を考えて無料にいたします!

お部屋の定員は22名です!

場所 札幌エルプラザ公共4施設 3階 多目的室

日時 2月25日(火) 13:30~16:30

ご連絡 

電話・FAX 011-214-1088

メール   zhattatsu@gmail.com

       坂上まで

発達障害当事者会のお知らせ

 来る2020年1月26日(日)発達をもつ大人の会 の

第2回目当事者会 Vinci村を開催いたします。

この会は発達障害者の経済的自立を目指す活動をしています。

まだ発足間もない会ですが、活動方針は持っております。

その3つの柱は、

1. 当事者会Vinch村

2. 就労応援誌(得意なことなど記載した

発達障害者の人材掲載誌の企業配布)

3. 拠点となる店舗運営

としております。

 支援したい対象は成人(主に中高年)発達障害者ですが、

当事者会に関しては、

発達障害にかかわる方どなたでも参加を受け付けております。

場所 札幌エルプラザ公共4施設 3階和室1

日時 1月26日(日) 14:00~16:00

参加費 300円(場所代、広告代等の経費としてご理解ください)

        メール  zhattatsu@gmail.com

         坂上直樹 まで