2~3月、贈与品販売益について

贈与品販売の目的

現在この法人は何も持たない方法で運営しています。

有償ボランティアに必要な道具も無償で借りる形での運営です。

もちろん給与もなく無償で働いているわけですが、最低限の運営費はかかります。

まず少人数の法人ですので法人税などがかかりますし、車を動かせば燃料代がかかります。

「発達障害者も意外と仕事ができるんだ。」それをアピールするためにも、在宅高齢者が不便に感じていることをお手伝いする。

とはいってもいきなり高額な料金設定にしてもお願いされることが減ってしまいます。

アピールすることが最大の目的なので、有償ボランティアの形式で運営をし、足りない予算ははまた別の形で補填することにしました。

その一つとして贈与品販売を行っています。

どのような形式で販売したか

本来ならばフリーマーケットに参加して、対面で「発達をもつ大人の会」をアピールしながら販売したかったのですが、コロナウイルスの関係でそちらは断念して、インターネット上でメルカリを利用させていただきました。

どのようなものを販売したか

ほとんどが、昨年やめてしまった「カシキヤ姫の動く店」の在庫品になります。

いったん閉めたので、代表理事の私の所有物になっているものです。

他にも何点かいただいたものを含めて、今回は出品いたしました。

売り上げについて

漆器や陶器など現在は少し売りにくいものを除いて販売しまして、手数料などを引くと85,900円の売り上げになりました。

使い道は、昨年法人登記した際に借りた分の金額が142,800円あったので、その一部にあてたのがほとんどです。

登記代は、法人開始時に60,000円返済をしたので、今回は残りの一部42,800円を返済しました。

残りはアルミスコップ代4,372円や、ガソリン代として使用しました。

ガソリン代は固定で月に12,000円支給で、3回分36,000円となります。

残りの2,728円は消耗品などの購入に大切に使わせていただきます。

次回について

まだ品物が残っているのでぜひまたやりたいのですが、残りは送料をかけて販売するのに向かないものが多いので、フリーマーケットへ参加ができればいいと思っています。

活動車両準備のエピソード

当法人はとても弱小なんです。

どのくらい?

そうですね、この法人の責任を負うべく法務局に登記しているのがですね、発達障害当事者の私と、70超えた母の二人なんですね。

簡単に言えば親子法人です。法人ってレベルじゃないです。

本気度を証明している程度の法人。

もちろんこんな弱小法人を支援してくださる方などおりません。

あっ、声掛けはたまにありますよ!

「頑張って続けてください!」

うれしいですね。

でもね、贅沢言っちゃなんなんですが、仕事もくれ。(笑)

当法人は貧乏なんですね・・・。私も母も無報酬です・・・。

貧乏なので法務局の手続きにもチャレンジ!

今回有償ボランティアを始めるにあたり、法務局に定款の目的変更をしたのですが、その手続きも貧乏なので、発達障害当事者の私がやりました。

私にとっては物を書く作業はとても苦手なわけですが、専門家に頼むお金はありません・・・。

後は野となれ・・・で書類を提出。

まぁ間違えながらも親切な法務局の職員さんに助けられて何とかなったわけです。

次は車いるよね・・・

もちろん法人にはお金がないので、私の個人所有の車を買い替えてそれを使用することにします。

ところが、個人もまたしかり・・・。お金はない・・・。

といったわけで、いくらとは言いませんがバイクより安いぼろぼろのハイエースを購入いたしました。

外見もなかなか味があるのですが、中はさらにひどい・・・。

しかし私は器用!(自己申告)

字は書けないが器用!(思い込みが大切)

こんなやつを

こんな風に改装!

見てください!

床にはクッションフロアーを敷きましたよ!

発達障害者も意外とやるでしょ?

もちろん私は素人で、初めての作業です。

発達障害者に興味が出ましたか?

すべての発達障害者が同じ能力ではないです

私はこのように工作が得意なのですが、発達障害者の得意分野はここに違います。

数字が得意、プログラミングが得意、事務作業が得意といろいろあります。

反対に数字が苦手、プログラミングが苦手、事務作業が苦手な発達障害者もいます。

発達障害者の概念は得意なことと苦手なことに落差があることです。

だから信じられないくらい頭のいい人が、ひらがなを書けなかったりします。

学校の順番を考えると信じられない状態なんですね。

それともし発達障害者の雇用をお考えならば、発達障害には自閉症傾向が強い人とそうでない人がいます。

お知り合いの発達障害者が、おしゃべりで休憩中も皆と楽しく過ごしていたとしても、次に知り合う発達障害者も同じとは限りません。

自閉症傾向が強いと、休憩時間も一人で過ごしたいんですね。気を使って「みんなと食べなよ!」とかいうと、それが仕事を辞めるほどの悩みになったりもします。

信じられないでしょ?

何はともあれ

車両の外側も自分で塗装して、除雪車搭載スロープも手作りしました!

おそらく有償ボランティアの注文はあまり来ないでしょうね。

発達障害者が!と言われてもね。ドキドキしますよね。

また私が知っている限りでは、ほぼ初試みかもしれません。こういった発達障害者の活動は。

というわけです。今回はこのへんで!

皆さん是非、コロナで不景気ですが発達障害者を温かい目で応援してください!

市内の養護施設にボードゲームを寄贈

お店で使っていたボードゲーム

令和2年の4月にタイミング悪くもボードゲームなどで発達障害者が集まれるようなスペースを作ろうと思い「カシキヤ姫の動く店」をはじめたんですね。

お店のページはこちらです。

マイコンを使った工作室にもしたかったんですね。(ロボットやシングルボードコンピューターの実験記事もあります。ご興味のある方はぜひ!)

ところがこのコロナウイルスでスペースの維持が難しくなりまして、あえなく閉鎖。

大量のボードゲームをどうしようかと悩んでいました。

結果どこかに売るより、孤児の方々に喜んでもらえるほうがいいかな?となり、今回の寄贈になったわけです。

楽しんでもらえると嬉しいです。

有償ボランティアの準備

まずは練習

本格的な始動は年明けからと決めてはいるものの、やはり人様にお見せするのに手慣れたところをお見せしたい。

そのようなわけで、除雪機リハ。

まぁちょうどよく北海道厚田(日本海側)は大荒れ。

一年間使っていない除雪機のウオーミングアップ。

エンジンがね、すぐとまるんですよ。使い始めは・・・。

でもバッテリーももんだいないようです。

ただ雪が張り付きますね。シリコンスプレーなど散布しておきます。

こんなところで!

発達障害者と語らうつもりで購入したフェイスシールド。

ほとんど使うこともなくゴミ?だったのですが、石狩の浜風暴風ガードとして復活!

これは眼鏡も濡れないし、隙間があるからくもりません。

厚田は地吹雪がすごいので向かい風では前を向けません。

ほほが冷たくなり死ぬ・・・。

しかしこれで解決!!

鼻水一つ出さずに除雪完了!

買い物代行

除雪などのお願いと買い物代行を一台の車で行いますので、不衛生になってはいけません。

は発泡もご用意!

まぁ、今は冬ですから温度はあまり心配ありませんがね。

総括

実は、玄関前の除雪なら各市で両者負担なしで高齢者宅を受け持ったりしているようなんですね。

私たちは経費はいただきたいのですが、除雪機持ち込みは少し珍しくないですか?

そしてですね、発達障害者て何?という方も多いと思いますが、まず私たちと触れ合ってみてください!

変わり者ですがね。(笑)

誠心誠意やらせていただきます!