有償ボランティア活動が新聞に掲載されました

本格スタートは今年の1月から

私たちは発達障害を持っています。

確かに人に比べて不得手な部分はありますが、得意なことなら結構できたりもします。

ですから無理にできないことをするのではなく、できることで人のお役に立ちたいのです。

いや、お金も欲しいですよ!(笑)

この活動は、まだまだ始めたばかりです。

基本的には在宅高齢者の方の身の回りのお世話を発達障害者が行うことなんです。

もちろん訪問介護と被らない部分でになります。

除雪、買い物代行、不用品処分、もろもろ・・・。

お話相手なんかも致します。こちらは同じ発達障害者からのお問い合わせが多いですね。

残念ながら完全無料にはできなくて

私たちはどこからも補助をいただいていないので、やはり実費として経費をいただかなければなりません。

ですので有償ボランティアにご理解ください。

本当は中高年発達障害者の仲間が欲しい

潜在的に働けない中高年発達障害者はいるはずなんですよね。

ほんとはちゃんとできるのに・・・。

勇気をだして頑張ってほしいな。

あっ、まだ仕事量が追い付いてないのでとりあえず登録になりますけど・・・。

得意なこともきかないといけません!

それに合った仕事を探したいですよね。

支援者さんもほしい

本当は作業所形式でやれば予算はかなり楽になると思います。

サービス管理責任者さん!私なんか眼中にないでしょうが、いつかお話してくださる方がいればいいです。

親御さんの協力はおおきい

実際に働けない自閉症者さんには、除雪なら一つの現場を親子で受け持ってもらい、お子様の調子が悪いときは親御さんがフォーローすることで、まず継続する習慣をつけたらどうでしょう?

お年寄りはほとんど「ありがとう!」と必要以上に感謝してくれます。

きっとそれはうれしいでしょう。

働くのも悪くないな。

そんな風に考えられるようになりませんかね?

総括

とにかく頑張ります!

コメントを残す